>アーカイブ>塾選びのポイントを知って効率良く学習を進めていこう

学校の授業の予習や復習に役立つ

塾では、通っている学校の学習内容に沿って指導してくれます。基本的に予習が中心で、時には単元を振り返って教えてくれるので復習にもなります。学校の授業や自主学習で足りないところを補うことが可能です。

塾選びのポイントを知って効率良く学習を進めていこう

学生

中学1年生で塾にかかる費用の平均は125,018円、2年生では161,115円、3年生で326,333円となっています。長期休暇中には講習代やテキスト代などがさらにかかってくるので、毎月同じだけ支払っているわけではないものの、毎月10万円以上の支出があることになります。

高校受験対策のための塾は、大きく分けると個別指導と集団塾の2種類です。個別指導は生徒一人一人の学習状況に合わせた指導がなされます。一方、集団塾は学校と同様に授業を行うスタイルですが、授業内容は学校のレベルより高いことが多いです。子どもの学習理解の程度や性格に合わせて選ぶと、活用度は高まるでしょう。

勉強道具

塾を選ぶ際の5つのポイント

授業

やる気スイッチを入れてくれるか

学習へのやる気がなければ、塾に通っても結果につながりにくいです。ですから、子どものやる気を高めてくれそうな塾を選ぶといいでしょう。

万人の成績アップは難しい

上位高校へ何人進学した、合格率98%などという公告を見ることがあります。これを見ると成績が上がるのではないかと思うかもしれませんが、学習のやる気が低い子どもでは難しいのが実情です。子どもの性格などに合った教え方をしてくれる塾選びが大切です。

成績が上がらないときのサポート

塾に通ったからといって100%成績が上がるわけではありません。しかし、上がらないからといって何も対策してくれない塾では困ります。塾を選ぶ前には、サポート体制について確認しましょう。

単元を振り返ってくれるか

どの単元も完全に理解している子どもはわずかではないでしょうか。分からないところのフォロー体制はどうなっているかを確認しておくと安心です。

プロセスも評価して欲しい

成績やテストの点数だけで評価しても学ぶ意欲に関してまでは見てくれていないため、プロセスもしっかりと評価してくれる塾を選ぶことが大切です。そうすることで学習意欲を底上げすることができるでしょう。